So-net無料ブログ作成
検索選択

この週末(悲しみ編) [事故・事件]

前日に引き続き、「ガーデンへ行こう!」と思い、いつもより早起きして出発。

いつも土曜日より日曜日の方が「フレブル率」は高い傾向にあるので、「誰に会えるかな?」とワクワクして車を走らせます。

いつもガーデンに行く時は、裏の方から向かいます。
表の方は、道がクネクネしてるし、トンネルの所が狭いので使わないんですね。

で、ガーデンまであと1分ぐらいで着くだろう。と思った時に、前輪が轍に取られました。
「おっ!いかんいかん」と軽くハンドルを切って轍から抜けようとした瞬間!
車が横滑りを始めました。冬道での直ドリは良くある事なので、逆ハンドルを当てて体制を立て直そうと思ったのですが、車は完全に滑り始めてます。

「ヤバい!!」と思った時には、右に雪山、右前方に民家。そこは迷わず雪山側にハンドルを切ります。
しかし、車が滑ってるので、まったく制御不能。
真っ直ぐに民家の方へ。
序々に迫るコンクリートの塀。小夏はアタシのヒザの上。
こうなったら覚悟を決めて、小夏さんの安全確保を選びました。
ハンドルから手を放し、首輪に指を通し、全体を抱きかかえます。
「このままじゃ正面から行くな。」と咄嗟に判断。左肩を前にして、斜に構えて車が止まるのを待ちます。

そして.............。
ガツン!!パンッ!

マジカルメーカーのお試ししてみました。

「ガツン!」は車が塀にぶつかった音ですが、「パンッ!」の音はと言いますと、

えぇ、エアバッグって火薬の爆発を使って開きますから、その火薬の爆発音なんですね。

火薬の匂いと若干の煙が立ちこめる中、とりあえず意識はあるし、小夏さんも痛がっている様子は見られなかったので、車外へ。
ぶつかった塀のお宅の方が出て来ました。
家:「大丈夫かいっ?!」
アタシ:「はい。塀の方もなんでもないみたいです。」
家:「塀じゃなくて、アンタの方さ!」
アタシ:「大丈夫ですよ。すいません。」

その間にも、小夏さんがブルブル震えだしました。アタシ的にはそっちの方が心配だったので、手足を曲げ伸ばしたり、色々と触ってみたり、小夏さんの無事を確認しました。
幸いにもガーデンの近くでの事故。
これから警察やらの手続きがあるのに、小夏さんがいてはスムーズに行かない。と思い、家の方に車を見ててもらい、小夏を預けにガーデンへ。

ガーデンまでは歩いて2〜3分の距離。最初は小夏さんを抱っこして歩いていましたが、途中から降ろしてやると、ガーデンに向かってグイグイ歩き出しました。

歩きながら見えたガーデンのドッグランには、フレンチがいっぱい。
店内に入るとオーナーさんが「あぁ、小夏来たねー。みんな来てるよー」と笑顔でお出迎え。
しかし、アタシにはそんなお出迎えに笑顔で応える事もできず、「すいません。小夏を預かっててもらえますか?そこで車ぶつけちゃって....。」

コレ、左側。

そこからは車屋さんに電話して、現場に戻り警察に電話。
保険屋さんにも電話して、更には自走が無理っぽいのでレッカーの手配。と大忙し。
その反面、頭の片隅には「あ。コレはブログのネタになるな。」と冷静に考えていたり、カメラを出して写真を撮ったり。

真横から見たらぺっちゃんこ。

若干、左腕が打撲っぽいモノの、あとは大丈夫みたいだし、何よりも小夏さんが無傷なのが良かった。もしも小夏がケガしてたり、最悪の展開だったりしたら、一生後悔していただろうから。

車が滑り出してから壁にぶつかるまでは、ほんの数秒だったと思いますが、自分でも「随分と冷静に行動できたな。」と感心しています。

ま、事故後のいきさつは追々。と言う事で、運転される方も徒歩オンリーだよ。と言う方も、事故にはくれぐれもお気をつけ下さい。


nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 6

ぼたん

今年初めて来て見たら、なんと事故ったのね。
雪に慣れててもダメなんだぁ~。
小夏何事もなく良かった。パパさんはまだ緊張してたから痛さを感じなかったかもしれないけど、今頃は辛いのではないかな?
しかし、ほんの少しの時間に良く色々と考えて行動できたものすごいよね。私だったら多分真っ白になってると思う。
さすがです。
とにかく、身体大切にしてくださいね。
小夏も5歳、になったんだね。でもサスケに比べればまだまだ若いよ。
小夏の身体も大切にね。
by ぼたん (2007-01-28 17:56) 

桃ママ

お初です!!!桃ままです  桃の出産でしばらくガーデンもカフェも行ってなかったけど、こんな大事件があったとわ!!!小夏パパ大丈夫ですか!?小夏もなんでもなくてよかったですね。。。 ガーデン行く裏道ってどこだろ?そんな滑るスポットがあったとは  きをつけてくださいー泣    でもガーデンの近くだったから不幸中の幸いでしたね    桃ベビー、ブログにアップしています  暇あったらみてね  ではまた!!体にきをつけて。。。
by 桃ママ (2007-01-28 19:50) 

いちごママ

大丈夫ですか???
事故っていやですよね。
瞬間もいやだし、その後の保険をなんちゃらってやっていくのが面倒。
それにしても、結構いっちゃいましたね。
でも、小夏ちゃんも小夏パパさんもまずまず無事。
なによりです。
by いちごママ (2007-01-28 23:27) 

朔まま

いやいや、派手にやってしまいましたね・・・。
小夏パパさんのコレを見たら、私のなんて
全然たいしたことないって少し勇気付けられました(あ、ごめんなさい・・・笑)
いや、でもパパさん、小夏ちゃんが無事で
本当に良かったです。
まだまだ冬道続きますんで、お互い
気をつけましょうね・・・。
でも、ほんと滑ったときってほんの数秒なのに
頭の中の記憶では、かなりスローな感じに
なりますよねぇ。なんでだろう?
とにもかくにも、無事で何よりでしたー。
by 朔まま (2007-01-29 10:28) 

小夏パパ

ぼたんさん>
いくら「一年の半年を雪の中で過ごす環境」に慣れていても、滑ってしまっては諦める事しか出来ません(汗)

サスケと言う素晴らしい見本がいますんで、小夏さんにも見習ってもらって長生きしてもらいたいです、ハイ。

桃ママさん>
いらっしゃいっ!書き込み初なんだ。
blog見たよー。フォーンの子は出なかったんだね、残念。(笑)
ガーデンの裏道は、おそば屋さんの方ですー。
by 小夏パパ (2007-01-30 03:20) 

小夏パパ

いちごママさん>
大丈夫ですー。ご心配ありがとうございます。
今回は、結構イイ速度で滑って行ったために、早い段階で諦めがついたので、体勢を整える事が出来ました。

単独の事故だったんで、ぶつかった塀の家の方は、保険屋さんに丸投げしちゃいましたよ。
車の方は、潰しちゃいましたー。

朔ままさん>
よし!勝った!(笑)
車、買い替えなんで、来たる「オロロンライン北上」の際には、新車で行きますー。

お互い、何でもなくて良かったですよね。
by 小夏パパ (2007-01-30 03:27) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。