So-net無料ブログ作成

オファー&病理検査の結果。 [病院]

一応、カテゴリーは「病院」で。

先ずは、オファーを頂いてCM撮影に行ったお話。

手術も無事に終わった翌日、ケータイに不在着信&伝言が。折り返し電話してみると、CMのオファーでした。
何のCMかと言うと、某ペットショップ(道内に6店舗あります。)のTVCMです。
フレブルを使いたかったらしく、アタシに電話を頂いた方に連絡が行った様ですが、女の子がいなく、小夏さんに白羽の矢が立った次第です。

収録は手術5日後、でも手術の翌日から散歩はO.K.なんで、撮影ぐらいなら問題なーし。

で、収録当日。
頑張って早起きしてお店まで行きました。天気はあいにくの曇り空。時折雨がパラつくイマイチの日。
店舗前でオープンカーを利用しての撮影です。
共演したのはインディアンさんの「げんごろう」

お店に行くと早速衣装合わせ。
しかし、フレブルを使った撮影なのにフレブルサイズの洋服が無いと言うお粗末ぶり(怒)
前もって言ってくれたら、クローゼットごと持って行ったのに。

結局、げんごろうが何着か持って来ていたので、それを借りました。

出番待ちです。
慣れない環境での撮影のため、進行が難航するかと思われましたが、寒いから早く終わらせたかったのか、小夏、げんごろう共に順調に撮影は進み、1時間程で終了。

撮影風景。

撮影の手順が悪く、イライラしてたので(アタシが)いつから、どの時間帯での放映になるかは未確認ですが、出来上がったらビデオにしてくれるらしいので、届いたらアップしようと思います。

続きは先日出した子宮&卵巣の病理検査の結果。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

帰宅しました。 [病院]

さぁ、やっと最終回ですよ。

前回までお伝えした様に、手術も無事に終わり、感動の再会も果たし、あとは帰宅するのみ。

ですが.........。
お金払わなきゃね。

いつものようにレジが打たれていきます。
見る見る上がっていく金額(汗)

もちろん、手術前にだいたいの金額は聞いてましたよ。
お願いしたのは、歯を二本抜歯、歯石の除去、避妊手術。

『だいたい五万円ぐらい見ておいて下さい』と。

それでも少し(一割贈ぐらい)余裕を持って用意して行きましたよ。
で、出た金額。
『64,060円でーす』

あら、足りない(汗)

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

感動の再会? [病院]

長文だよ。

今回の手術、ウチの病院は日帰りです。
手術も無事に終わって(病院から連絡が無いので、勝手に判断)
お迎えはpm5時。ヨドバシから帰宅して、普通に仕事を片づけながら時間が来るのを待ちます。

午前中は気が気じゃないような感じでしたが、手術が無事に終わった事(あくまで自己判断)で気持ち的には余裕が出ました。

そんなこんなで行きよりも楽な気持ちで病院へ。

予定通りに到着したモノの、先客が二組。
すぐソコに小夏が居るはずなのに、簡単には会えません。
そして待つこと二十分ほど、ようやく呼ばれ診察室へ。

診察台の上でボワーっとしてるんだろうなぁ。と思いながら診察室へ入った時、アタシが対面したのは小夏ではありませんでした。

診察台の上でアタシを待ち受けていたのは.......

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

手術当日。 [病院]

いよいよ迎えた手術当日。奇跡的な早起き。ってか、不安な感じでロクに寝付けず。

日付が変わった時点で絶食&絶水になっていた、ご機嫌斜めな小夏さんを車に乗せて一路病院へ。

家から病院までは同じ通り沿いで信号4つ。いつもは10分もあれば余裕で着くのに、当日は全ての信号に捕まりました。

不安な気持ちでいるので「もしかしたら、『病院に行ったらダメよ』って天のお告げかも?!」と思いながらも定刻(am9時)病院到着。

アタシ的には、「じゃ、よろしくお願いしまーす。」『はーい、夕方にお迎えに来て下さいねー』で終わるものかと思ってました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

避妊手術までの道のり。 [病院]

さてさて、しばらくぶりです。

この度、小夏さんは避妊手術をしました。今日で5歳と3ヶ月。「なぜ今頃になって?しかも急に?」と思う方もいると思いますので、まずはその辺のご説明を。

アタシは基本的に「避妊手術をしたくない」飼い主でした。
定期的にやってくるヒートも、「生きているなら当然」と思ってるし、「わずらわしい。」と思った事も有りません。
小夏さんが3歳になる頃ぐらいまでは「小夏の子供を見たいなぁ」と思っていましたが、何頭生まれるかも解らないし、子供達が皆健康だと言う保証も無いし、経済的な問題もあるし、等の理由で諦めました。

5歳ぐらいになってしまえば、「今、手術しても、病気になる確率は若い頃に手術するのに比べてそんなに変わんないしょ?」と思ってました。
子宮蓄膿症や乳腺炎にならずに一生を終える子もいる訳だし、年を取って病気が出ても「麻酔に耐えられる体力がありません。」って弱って行くのを見てるのも想像したくないのですが、それよりも今現在の麻酔のリスクの方が漠然と恐かったんです。

「じゃあ、何でしたの?」と思いますよね?

実は、今回は避妊手術がメインではなかったんです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。