So-net無料ブログ作成
検索選択

感動?!の再会 [病院]

ご無沙汰してましたよ。すいません。

ー最近の小夏さんー(夙川アトム風に)
きんさいのつーこなさん、めのガーケーでプーシャンNG、1クール。
めーつーも、ゲーヒーも、びーのーだけど、めーつーはりーきーでリスッキ。

もーしか、どううんくーふそで、ボーメタなのか、じゅうたい計ったらツェーじゅうデーキロでクリビツテンギョー。
読みづらいんで、この辺で。訳した文は最後に。

小夏パパです。えぇ、最近は夙川アトムがお気に入りですが、何か?
−2月19日ー
「もしも入院なら一応2泊分の準備をして来て下さいね」と言われていたので、大規模な部屋の模様替えを2日がかりでやろうと決めていました。
しかし、病院からの連絡で翌日退院が知らされていたので、予定よりも急ピッチで模様替え。
結局、朝方までゴソゴソやってました。

そのため、病院からは「明日の10時ぐらいに連絡を下さい。」と言われていたのに、11時過ぎに病院からの電話で起こされると言う失態を(汗)
「何時頃迎えに来れますか?」と聞かれました。
しかし、部屋は模様替えの真っ最中。今の状態で小夏さんが帰宅しても足の踏み場もありません。
寝起きの頭で考えた末に、お迎えは夕方に。

頑張って夕方までに模様替えを8割方済ませて、病院へ行きました。
感動のご対面の前に、どんな手術を行ったか、処方される目薬の回数等の説明を受けました。
病院から処方された薬がコチラ。
CIMG2370.jpg
ドーン!
先に患っている右眼の目薬も含めてですが、軽く「薬局状態」ですね(笑)

ABCの目薬を右眼に1日3回。今回手術した左眼にはABCEを1日5回、Dを1日3回、Fの目薬は2日おきに1回。
CIMG2371.jpg
錠剤は、1,2共に1日1回1錠づつ。
CIMG2372.jpg

幸いにも小夏さんは目薬に対して抵抗は無いので有り難いです。これが目薬苦手な子だったら、どんなに大変だろう。と考えただけでも疲れちゃいます。

さて、若干話がそれましたが、病院側の説明が済んで、いよいよ小夏さんの登場です!




続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

離ればなれの夜。 [病院]

現在、6週間休み無しでの勤務になってます。
2週が終わりましたが、正直キツい。年取ったなぁ。

小夏パパです。
今回の記事には、画像がありません。
読みにくいとは思いますが、お付き合い頂ければ。

ー2月18日(水)ー
前回の瞼を軽く縫う処置から10日程経過。再診のために病院へ。
そのまま手術もあるかも?と言う事で、一応2泊分の入院準備をして行きました。
開いてしまった穴とは別の眼球表面の傷の治り具合をチェックするために抜糸して確認。
傷の回復具合は良好で、先生も「うん。イイ感じで治って来てますね」との事。
しかし、さすがに完治している訳ではないので、回復を促すためにも再度瞼を縫う事に。

説明によると、「診察の感じは良好ですが、縫う前に手術用の顕微鏡で眼の表面を見てみて、状態が悪いようであれば手術に移行する可能性もあります。」と言う事でした。
二度手間にならない様に、準備して来た「お泊まりセット」を預けて一時帰宅。
仕事をしながら病院からの連絡を待つ事になりました。
この時点では、「手術に関する同意書の記入も無いし、今日中の手術は無いんでないかな?」
と思っていたんです、ハイ。



続きを読む


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

診断結果と治療方針。 [病院]

最近の嬉しい事&悲しい事
・UNICORNの再結成。(嬉)
・ドラクエ9の発売延期(悲)

小夏パパです。
画像は殆ど無く、文章が多くなってますがお付き合い下さい。

−2月5日(木)ー
さて、2時間ごとの目薬を射しつつ翌朝を迎えた訳ですが、朝一で予約していた眼科を受診しました。

もともと目ヤニが大量に出てた事で受診予定でしたが、事態が急変したので結構慌ててました。
まずは診断結果。
・左眼の角膜穿孔(かくまくせんこう)です。

治療方針としては、
角膜上には血管がないので、傷の表面を覆う事が出来ません。
そこで、結膜フラップ法(結膜の一部を剥いで傷の部分に縫い付け、血管の豊富な結膜で傷を覆い回復を促す方法)を用いて、傷を回復させる事に。
ちなみに「結膜フラップ」で検索すると、どのような方法か写真で見つかると思います。ショッキングな画像が多いので、苦手な方はご注意を。

症例自体は白内障、緑内障に次ぐぐらいの件数の多さらしいので、難しい手術の部類には入らない様です。
しかし、眼の一部を剥いだり縫い付けたりするので、当然の事ながら全身麻酔での手術になります。

先生の話では、診察した日に手術の予定日を決めるなり、そのまま手術へ。と言う事もある様ですが、今回の小夏さんの件はそれらと違い、開いた穴の横に別の傷(大量の目ヤニの原因になったモノ)があるので、手術をするなら傷も穴も塞ぐ事になると言う事。
そうなると覆う部分が大きくなるので、回復後の視野が穴を塞ぐだけの手術より狭くなってしまう。
そして、その方法はあまりオススメしない。との事でした。
setumei.jpg
位置的には曖昧だけどこんな感じ。

とりあえずは、穴とは別の傷をある程度治さなくてはいけないので、即手術と言う事にせずに目薬で2日間程様子を見て下さい。と言う事になりました。
その後、傷の治り具合を確認しつつ、穴を塞ぐ手術へ。と言う流れになりました。
即日手術を覚悟していただけに、若干拍子抜けしましたが、そんなに慌てる程のモノではないんだと安心しました。(大変な事に変わりはありませんが)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

なぁ〜にぃ〜?! やっちまったなぁ! [病院]

若干バタバタしてまして更新が遅くなりました。
ご心配頂いた皆さん、有り難うございます。

小夏パパです。

・前回までのあらすじ・

    右眼の調子が悪かった小夏さん
          
    動物眼科にかかり、回復の方向へ
          
    治って来たと思ったら、次は左眼に異常が。

とこんな感じでした。
が、事態は思いも寄らぬ方向へと動いて行くのでした。

基本的に、右眼の治療のために「エリザベス生活」を強いられていましたが、ご飯の時と気分転換を兼ねての外トイレの時には「脱エリザベス」でした。(総時間 約10分/日)

ー2月4日(水)ー
その日も、夕方の仕事が一段落した時間に外へトイレに連れ出しました。
いつもは玄関でエリザベスを外し、中に入ったら即装着していたのですが、その時は居間で外してから外に行ったのです。

外に出てトイレを済ませ、家の中へ。
居間に入って「エリザベスを。」と思ったら、二歩程離れた場所に置いてありました。
小夏さんに「ちょっと待ってよ」と声をかけ、エリザベスを拾いに行った時でした。
アタシの視界の端にいた小夏さんが「チャンス!」と言わんばかりに、気にしていた左眼を掻いたのです。

続きを読む


nice!(1)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

一難去ってまた一難。 [病院]

昨年末、「新しい年は新しい寝具だよね」と近所の某家具屋さんでボックスシーツ枕カバー布団カバーを新調しました。
年が明け使い始めたら、新しい寝具には魔法がかかっていたらしく、なかなか起きられません。
さすが「お、ねだん以上。」看板に偽り無しでした。

小夏パパです。

ホントは眼科の感想やセカンドオピニオンについて思った事なんて書いてみようと思いましたが、事情が変わったため、予定を変更してお送りします。

1月に眼科にかかり、右眼も順調に回復して来ました。完治までもう一息。って感じだったのですが、
2月に入った途端、今度は左眼に異常が発生しました。

IMGP7483.jpg
やはり画像は本文と関係ありません。

いや、伏線はあったんですよ。1月最後の週末、妙に左眼がシバシバしてたんです。
小夏さん自身も気にしてまして、寝ていてもガバッ!と起きて左眼をゴシゴシ。
「なしたんだろ?」と思っていた翌朝、小夏さんの顔を見てビックリ!
その左眼に目ヤニがビッシリで眼が開かない状態に!!

まずは慌てず、小夏さんの容態をチェック。痛がる様子も無く、特に気にしていない感じ。
続いてウエットティッシュコットンで目ヤニを除去。
しかし、目を開けずにつむったまんま。涙が出ている感じもありません。

あいにく、起きたのが昼過ぎだったので(いや、ほら寝具に魔法がかかってるから。ね。)かかりつけの獣医さんは午後の診察は休診だし、翌日は眼科も休診日。
とりあえず眼科から常備薬としてもらっていた消炎鎮痛剤を飲ませて、目薬で様子見って事にしました。



続きを読む


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

セカンドオピニオン [病院]

オグかシオ、どっち?と聞かれれば、散々迷ったあげくオグを選ぶと思います。

小夏パパです。

よく耳にするようになった「セカンドオピニオン」意味としては

それは、「医者をかえる」ことではありません。 主治医との良好な関係を保ちながら、複数の医師の意見を聞くことです。

医療が進歩してさまざまな治療法が生まれています。その結果、医師によってあなたの病気に対する考え方が違うことがあります。また、医師や病院によって、医療技術や診療の質に差があることも考えられます。そこで、あなたにとって最善と考えられる治療を、患者と主治医で判断するため、主治医以外の医師の意見を聞くこと。それがセカンドオピニオンです。場合によっては、医師をかえることになります。

って事なんだそうです。

先日の記事にも書いた様に、小夏さんの右眼の回復具合が良くないので、いろいろググって市内の動物眼科専門医に行ってみました。

行ったのは動物眼科アイ/三國犬猫科医院です。

新しい病院へ行くと緊張で舞い上がり、経過が上手く説明出来ないと思ったので、今までの診察結果、検査内容、処方された目薬を時系列でわかりやすく作成して持ち込みました。
画像をクリックすると別画面で大きく表示されます。
角膜潰瘍.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

角膜潰瘍。 [病院]

寝る前に外を見て、雪が降ってるとワクワクして寝られなくなるアタシは、前世が「犬」なんだろうか?
どーも、小夏パパです。

本日は病院のお話。

健康優良犬の小夏さん。産まれて初めてのワクチン接種から、今の獣医さんにかかっています。
基本的には混合ワクチン、狂犬病予防の接種とフィラリア予防薬を貰いに行く程度ですが、昨年は目のケガに悩まされた一年でした。


IMGP7278.jpg
画像は本文と関係ありません。

まずは2月に、左眼がシバシバしているのに気付き、受診。
「角膜潰瘍」との診断を受け、目薬を処方してもらったり自家血清を作ってもらったりしても、なかなか良くならずに再度受診。
そうしたら「自己免疫性角膜潰瘍の疑い」と言う事になり、ステロイドの入った目薬を処方されました。

◆「自己免疫性」について、軽く説明◆
本来、体には自らケガを治そうと免疫が働きますが、どこをどう間違うのか治そうとしている部分の免疫を悪者と勘違いして、治させなくしてしまいます。 そうなると、免疫を押さえるモノ(=ステロイド)の出番になってしまうワケです。

かなりザックリと説明しましたが
「自己免疫性」ではない角膜潰瘍にステロイドの目薬を射すと、治そうとする免疫を押さえてしまうので、逆に治りが遅くなります。同様に「自己免疫性角膜潰瘍」と診断された場合は、非ステロイド系の目薬だと治りづらくなるんですね。しかし、獣医の先生の話だと、自己免疫性なのかどうかは目薬を使ってみないとわからないそうなんです。

で、今回(2月)の場合、ステロイドの入った目薬を射してから2、3日で完治したんです。
と言う事は、診断通り「自己免疫性角膜潰瘍」だったワケです。

今まで何度か眼がシバシバして、目薬を処方してもらっていた事はありますが、こんなパターンもあるんだ。と思うケースでした。

で、今度は9月に気付いたら右眼(2月は左眼でしたが)を開けづらそうにしているのに気付き、再度受診しました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

オファー&病理検査の結果。 [病院]

一応、カテゴリーは「病院」で。

先ずは、オファーを頂いてCM撮影に行ったお話。

手術も無事に終わった翌日、ケータイに不在着信&伝言が。折り返し電話してみると、CMのオファーでした。
何のCMかと言うと、某ペットショップ(道内に6店舗あります。)のTVCMです。
フレブルを使いたかったらしく、アタシに電話を頂いた方に連絡が行った様ですが、女の子がいなく、小夏さんに白羽の矢が立った次第です。

収録は手術5日後、でも手術の翌日から散歩はO.K.なんで、撮影ぐらいなら問題なーし。

で、収録当日。
頑張って早起きしてお店まで行きました。天気はあいにくの曇り空。時折雨がパラつくイマイチの日。
店舗前でオープンカーを利用しての撮影です。
共演したのはインディアンさんの「げんごろう」

お店に行くと早速衣装合わせ。
しかし、フレブルを使った撮影なのにフレブルサイズの洋服が無いと言うお粗末ぶり(怒)
前もって言ってくれたら、クローゼットごと持って行ったのに。

結局、げんごろうが何着か持って来ていたので、それを借りました。

出番待ちです。
慣れない環境での撮影のため、進行が難航するかと思われましたが、寒いから早く終わらせたかったのか、小夏、げんごろう共に順調に撮影は進み、1時間程で終了。

撮影風景。

撮影の手順が悪く、イライラしてたので(アタシが)いつから、どの時間帯での放映になるかは未確認ですが、出来上がったらビデオにしてくれるらしいので、届いたらアップしようと思います。

続きは先日出した子宮&卵巣の病理検査の結果。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

帰宅しました。 [病院]

さぁ、やっと最終回ですよ。

前回までお伝えした様に、手術も無事に終わり、感動の再会も果たし、あとは帰宅するのみ。

ですが.........。
お金払わなきゃね。

いつものようにレジが打たれていきます。
見る見る上がっていく金額(汗)

もちろん、手術前にだいたいの金額は聞いてましたよ。
お願いしたのは、歯を二本抜歯、歯石の除去、避妊手術。

『だいたい五万円ぐらい見ておいて下さい』と。

それでも少し(一割贈ぐらい)余裕を持って用意して行きましたよ。
で、出た金額。
『64,060円でーす』

あら、足りない(汗)

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

感動の再会? [病院]

長文だよ。

今回の手術、ウチの病院は日帰りです。
手術も無事に終わって(病院から連絡が無いので、勝手に判断)
お迎えはpm5時。ヨドバシから帰宅して、普通に仕事を片づけながら時間が来るのを待ちます。

午前中は気が気じゃないような感じでしたが、手術が無事に終わった事(あくまで自己判断)で気持ち的には余裕が出ました。

そんなこんなで行きよりも楽な気持ちで病院へ。

予定通りに到着したモノの、先客が二組。
すぐソコに小夏が居るはずなのに、簡単には会えません。
そして待つこと二十分ほど、ようやく呼ばれ診察室へ。

診察台の上でボワーっとしてるんだろうなぁ。と思いながら診察室へ入った時、アタシが対面したのは小夏ではありませんでした。

診察台の上でアタシを待ち受けていたのは.......

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。